子宮筋腫摘出後 太る

筋腫摘出後に思わぬ結果?激太り!どうして結果になったか教えて!

子宮筋腫の手術を終えて良くなったことと言えば、ズバリ、痛みが消えることでしょう。子宮筋腫の諸症状は生理痛が酷いこと出血多量になること腰痛もそうですし、頭痛もそうです。様々ありますが、これらの症状がなくなり快適になるといったメリットがあります。これらメリットがあるため、手術を受けようと医師が勧めて来るのもありますよね。

ですがいざ受けてみたら思わぬ副作用的な結果が生まれてしまい、びっくりした。そんなことはありませんでしたか?不正出血が手術後も続く、これはちょっとたてば治ると言われているからまあいいとして――劇的に太ってしまった!なんてこともあるのです。

どうして子宮筋腫を取ったら太るのでしょうか?元から医学的な観点から見て標準体重だったこの方、太ってしまったら標準体重にプラス15kgだったそうです。体が重くて手術後だから更に動けない……どうにかして!ということですが、手術前と後では、ホルモンのバランスが崩れてしまうため、痩せるか太るかするという可能性もあります。ただし、女性ホルモンが関係するわけではなく、甲状腺ホルモンの異常が発生する可能性はあるため、恐らくはそれなのでしょう。

この場合は毎日運動をしても体重は減らず、ただただ精神だけが摩耗していくしかないのが辛いです。ですから行き成り太ってしまった。それも手術後だわ!と、お心当たりがそれしか無いと言う場合、手術をした病院へいってみましょう。美容では無く治療として、痩身のために保険で治療が行えますよ。