生理 出血 子宮筋腫

生理の出血量が多い、救急車で搬送、子宮筋腫であることが分かった!

子宮筋腫の症状の一つが「重くなった生理痛」などがあげられることは他の記事で書きしるしたかと思いますが、生理時の出血量の多さもその時書いたかと思います。今回はその出血量について詳しくお話したいと思います。

あなたは生理時、出血量はどれくらいありますか?大量出血をするのでしょうか?それとも驚くほど少量なのでしょうか?世の中広いものでして、脱脂綿一枚をあてておくだけで生理終了までもってしまうという方もいます。その方はいわゆる生理が「軽い方の人」ですが、ドラッグストアなどで売っている生理用品を見ても分かる通り、これが一般的な例でないことだけは確かでしょう。

子宮筋腫は症状があると前述したかとも思いますが、完全な無症状であることも別の記事で書きしるしたかと思います。今回はそのどちらでもなかった方に起きたとある事件について語りたいと思います。

ある女性がいたのですが、本当に徐々に生理が重くなっていったため、以前に比べ重くなったことに気づかなかったそうです。出血量も増えていっていた中、半年後にはレバー状の塊がどろりと下着を貫通して、パンツスーツを汚すほどになったそうです。そこで「今度平日に休みを取って病院に行こう」と始めて思ったそうですが、中々休みは取れず、とある日曜日に悲劇は起こりました。彼氏とデート中、立ちくらみがしたかと思い、気がつけば意識を失ってしまい、次に起きた時は病院のベッドの上だったのです。

彼氏とのデート中、立ちくらみの前に起きた出来ごとは、その女性がトイレにいった、ただそれだけだったそうです。ですが実際はそのトイレの中で起きた出来ごとこそが重要なことでした。彼女は拳大の血の塊が体内から排出されたことに気がついたのです。そしてこれはまずい、病院に今すぐいかなくてはと思いましたがトイレを出て数歩も歩かないうちに倒れてしまったのです。

ここから分かることですが、子宮筋腫に置いて、症状が出ている方は迷わず病院にいくこと、これが大変重要になってきます。レバー状の血の塊が出て来るうちはいいですが、血の塊が拳大になってからでは命の危険が生じます。この女性は実際に命が一時危うかったそうです。今は持ち直して手術もし、健康に暮らしているということですが、重くなった生理を放っておくということがこれでどういう事態を引き起こすか分かっていただけたかと思います。

生理が重く、出血量が増えた時。レバー状の血の塊が出た時。下着を汚すほどの出血量になってしまった時もそうです。子宮筋腫、もしくは他女性疾患であることは間違いありません。婦人科を即座に受診しましょう。ずるずると引き延ばして病院にいかないでいると、本当に大変なことになってしまいますよ。

関連項目
子宮筋腫の検査方法とその費用について知りたい!目安はどのくらい?