子宮筋腫の検査や治療

記事一覧

子宮筋腫から気をつける様になって吃驚!乳がんは外科で調べるの?!

子宮筋腫の手術をしてから、他人事ではない!と思い、婦人科の検診を定期的にきちんと受けるようになったという方は多いようですが……皆さん中々これは忘れがちなようですね。乳がんの検診は、定期的に行っておりますか?子宮を定期的に調べることも大切なのは大切ですが、乳がんの検診も必要だと思いますよ。

子宮筋腫は言わずもがな婦人科ですが、乳がんの検査はどこでやるのでしょうか?検診が行えるのはレディースクリニックと外科になります。ただし、レディースクリニックは一部でしか行えないので、総合病院で外科部門に検診の予約を入れられてみてはいかがでしょうか?

子宮筋腫や子宮がんはエコー検査などでも腫瘍を発見出来るのですが、乳がんは特殊で外科ということもあり、皆さん検診をあまり受けられません。そのため発見が遅れることが多々あります。初期がんを見つけられることは稀とさえ言っていいでしょう。ですが専門である、乳腺外科や乳腺科などを定期的に受診していれば腫瘍も小さなうちに発見出来るはずですよ。

筋腫であろうと肉腫であろうと、見つけにくいことはかわりありませんが、早め早めに見つからないと大変な結果を招くことがあります。それを防ぐための定期的な健診なのです。お金が勿体無いから受けるのはちょっと……なんて言っていると、手術になってしまって、むしろ検査のお金より、数倍のお金が必要になってしまった!なんてことになりますよ。小さな芽のうちから摘んでおきましょうね。

子宮筋腫エコーで発見!けれど子宮内膜症はエコーじゃ発見できない?

不妊治療などで婦人科を訪れたり、年に一度の定期健診で受診したり、婦人科を訪れる理由は皆様々かと思われますが、そこで妊娠出来るように子宮の中が健康でいるかどうか、検査をすることになった方がいました。その方は医師からエコー検査を終えると子宮の中は綺麗なものですと言われたそうですが、果たしてエコー検査で子宮筋腫など、完璧に見つけることが可能なのだろうか?そう思ったそうです。

もしも妊娠しにくい身体であるならば、治療を早く始めたいと思っていたため、子宮筋腫も子宮内膜症も、かかえているならば今すぐにでも治療したいと思っていたための疑問だったようですが、エコーで確実に子宮筋腫や子宮内膜症は、あるなしがはっきりと分かるのでしょうか?

子宮筋腫は小さな粒の様なサイズのものでも、エコー検査で見つけられるものです。1cmの子宮筋腫がありますね、そんな医師からの診断もあるくらい、高精度に調べられるものです。ですが子宮内膜症に限りこれは適用されません。

子宮内膜症でエコー検査で確認出来るのは、それこそチョコレートのう腫ぐらいのものだと言われており、開腹手術になってから初めて分かる内膜症のほうが多いくらいです。血液検査で発見出来ることでも知られる内膜症ですが、血液検査の結果、異常なしと出たとしても子宮内膜症はある場合もあり、エコーでも血液検査であっても、調べるのは確実性で難ありと言えるでしょう。

不妊症の約半数の方が子宮内膜症が疑われているのだそうです。ですが検査では内膜症はあらゆるところに出来るため、エコーでは確実にあると断言できるまでの発見に至らないことが多いのです。(表面を見ても裏側に内膜症があったりすればエコーには映りませんので分かりません)

関連項目
子宮筋腫の検査方法とその費用について知りたい!目安はどのくらい?

性体験がないと子宮筋腫の検査は出来ない!思い違いしていませんか?

現代では、十代前半にも早い女性は性体験を終えるとのデータもあるのですが、逆に遅い方ですと四十代になってから、と言う方もおります。何かしらの理由があって性体験を行って来なかった方もいたり、性体験を終えて来なかった理由については、人それぞれ様々な理由があるはず。誰に責められる言われもないでしょうし、誰も責めるものではありません。このようなものは大っぴらに宣言するものではありあませんし、そっとしておいていいでしょう。ですが、こんな話しを聞いたことはありませんか?「子宮筋腫の検査や、子宮がん検査(及び検診など、全て)は、性体験が無い方には、受けられない」本当だとしたらどうしたらいいのでしょうか?

子宮筋腫は女性ホルモンが原因で腫瘍が子宮筋層に生まれる病気です。そして子宮がんは大きく分けて二種類あるでしょう。一つは子宮頸がん、こちらはヒトパピローマウィルスによる感染で、これは性体験がなければ問題がないものです。子宮頸がんはそのほとんどが性行為の感染によりなるため、これがなければほぼ関係ないと言っていいでしょう。もう一つは子宮体がんです。こちらは性体験がなくともなる可能性があり、気をつけねばなりません。

性の体験がないことで検診や検査が受けられないのではないか、そのような話しを一度耳にした方は、恐らくは性体験を終えた方が受けられた検診内容をどこからか聞いたからそう思うのでしょう。実際に性体験を終えた方の検診や検査では、膣から直接検査器具を埋めて子宮を直接見ることが出来ます。ですから「検査器具を挿入するから気持ち悪いんだよ」なんて実際に受けた方の言葉を鵜呑みにしてしまっているのだと思います。ですが、性体験を終えていない方は別の方法で調べられるのです。

性体験を終えている方でもそうでない方でも、基本的には触診をします。がんかどうか調べるための検査の名目で行く場合は、まずは腹部の触診、その後そのままエコー検査ですが、性体験が無いと言う場合は腹部――といっても肌の上をエコーで滑らせ見るものと、肛門から子宮の裏側を見るエコー検査の二通りで詳しく調べるはずです。勿論性体験があれば膣から中を見ることもあるでしょう。子宮筋腫も同様です。肌を滑らせ子宮内部を見るものと、必要があれば肛門から直腸へエコー検査用の器具を埋め込まれ、中を見て貰えるでしょう。

性体験がないため、周囲からの声に敏感になってしまっているのかもしれませんが、婦人科の医師としっかりと話しをしてから検診や検査に挑みましょう。そうすればきちんとあなたにあった検診や検査を受けられますよ。

1 2 3 4 5 6 7 >