子宮筋腫と不妊症の関係

不妊症、3割は子宮筋腫を持っていた!筋腫が無くなれば妊娠する?

こんな数字があります。不妊症で中々妊娠できず、困っている。早くしないとと焦りながら婦人科を訪れるのだそうですが、その不妊症を訴え病院へ来られる方がたのうち、少なくとも3割の方が子宮筋腫などの子宮内にちょっとした妊娠がしにくい環境が出来上がってしまっているために、妊娠出来ないのだそうです。知っていましたか?子宮筋腫があるがゆえに、妊娠は極めて難しい状況になりうることもあるのです。

子宮筋腫もそうですが、子宮内膜症もそうです。これがあることによる、妊娠のしにくい環境が出来上がってしまうのです。更には妊娠、出産の経験を長く持たないことで子宮内は受精卵の着床がしにくい状況に更に発展していき、子宮筋腫や子宮内膜症が無くなれば済むと言う問題だけではなくなっていくのです。必要であれば子宮の内部、その皮を薄く切ることも重要になってくるでしょう。

子宮内部は妊娠、出産をすることで、皮が平らで綺麗に保たれます。ですが長くそうした形で子宮を使用してこないと、子宮はでこぼこと凹凸を勝手に作り始めてしまうことがあるのです。子宮内膜症や子宮筋腫の他になので、これらを取り除いた時に分厚い壁が内側に作られていたと言う場合は、これらを綺麗に取り除く必要もあるでしょう。

不妊症で自宅に引きこもって、どうしたら赤ちゃんを妊娠出来るのかしら、そう考えているくらいでしたら、医師に相談して子宮内の環境を整えましょう。子宮筋腫を持っていることで妊娠がしにくいということを理解し、定期的な検診を受けられるようにしてください。妊娠出来る時期は限られています。ですから生理などが何かおかしいと感じたことはないか。腰痛がひどいと感じたことはないかなど、子宮筋腫や子宮内膜症の症状が一つでも思い当たるならば婦人科の医師に相談してみましょう。もしかしたら筋腫が不妊原因だったこと、なんてことが判明するかもしれませんよ。