リュープリン注射

リュープリン注射で手術前環境を整える!他に誰がこの情報を欲しい?

子宮筋腫の治療には、ホルモン治療を行うことが多いですが、その中の一つがリュープリンと呼ばれる治療です。これは皮下注射によるもので、連続投与が出来ないとされるくらい副作用の強いものです。医師により勧められることがあるこのホルモン治療、効果があれば出血過多の方は出血が止まったりするのですが、中には効果の無い方もいたりして、中々に必ず効く!という保証がないため、受けるのに勇気がいります。なぜなら、先ほども言った通り、副作用が強いからです。

リュープリンを打つ理由は、多くのホルモン治療と同じ、手術前に大量出血している生理を堰を設ける様にではないですが、留めるために行われます。何故なら手術する前から貧血でふらふらとしている前提では、輸血を確実にしなければならなくなるでしょう。ですが輸血はなるべくでしたらしたくはないものです。

貧血状態が長く続けば体力も落ちているでしょう。手術前にそれは避けたいのです。ですからホルモン治療によってこれを整えます。(中には手術をする前提で注射をするわけではない方もおります)

複数回にわけて注射は行われますが、生理がそれで無くなる方と無くならない方がいます。基本的にはそれを一時的にですがなくすために行う治療ですが――ともかくも、貧血を改善し、筋腫を一時的にですが縮小させます。これにより手術などをしやすくするのですね。
(⇒ホルモン療法は今現在最も利用されている治療法である!

効き目は人それぞれ様々ですが、副作用は基本的には更年期のような症状に悩まされるのは確定です。辛いでしょうがこれを乗り越えれば随分と大量出血などの子宮筋腫の諸症状に悩まされず済みますよ。