子宮筋腫の検査や治療

記事一覧

子宮筋腫が石灰化する!桑の実の形が危険!定期検診前に知りたい事!

レントゲンなどでも確認出来る腫瘍というものは存在しているのですが、実を言うと子宮筋腫にもそういった腫瘍に変貌してしまうものがあるのです。それは一体何なのか……あなたは子宮筋腫というのが様々な変性を伴う病気として、よく知られているのはご存知ですか?その中の一つが石灰化です。

これこそがレントゲンに映り込む腫瘍なのですが、実際にレントゲンに写されたそれはまさしく石。骨盤の間に浮いた様に白い塊がぷかぷかと浮かんでいるように見えるのですが、くっきりはっきり写るため、他の腫瘍のようにボケて写って見えるわけではないため、素人目に見ても「これはまずいだろう」と分かるようなものです。ですからこれが石灰化した腫瘍だなとすぐにも理解出来るでしょう。では、石灰化してしまった子宮筋腫、これは一体、どのような理由で腫瘍が石灰化してしまったのでしょうか?

子宮筋腫というものはそもそもが様々な変性を伴う病気であり、約数パーセントの頻度で石灰化もみられるものであり、決して石灰化が極めて珍しい症状であるというわけではないのです。桑の実のような石が腹部に出来る、これが子宮筋腫の特徴的な形状で、この特徴的な形が卵巣腫瘍と区別する時に使われるのです。

何故このような石灰化という現象が起きるかですが、子宮筋腫が二次的な変化を起こすことで、炭酸カルシウムやリン酸カルシウム、これが沈着してしまうことによる石灰化が起こってしまうのです。ただし、これだけレントゲンにもくっきりと写りこんでしまうような石灰化した腫瘍ですが、決して悪性の病気や悪性の腫瘍に変貌したからというわけではありませんのでご注意を。

子宮筋腫で月経過多!出血が止まらない!それは病院を変えるべきです

子宮筋腫があり、月経過多の症状が出ている人は多いでしょうが、実際にとんでもないほどの量の血が出ている上、その生理期間そのものが2週間以上ともなれば、話しは別でしょう。どうすればいいのか分からず、医師に判断を仰ぐべく何度も何度も婦人科を訪れたそうですが、薬を倍処方されただけで効果はなし。とうとう出血の続いている期間が2か月に突入しそうとのこと。

ここまでくると最早子宮筋腫を摘出すべきなのではないか、など他人事であれば考えられますが、当人からすればそれで済むのかどうかも分からずただただ不安でしょう。それどころか医師の勧めで薬を増やしたのに効果がないとなればどうしたらいいのか分からないし途方にくれるというものでしょう。

月経過多の場合、どのような治療法が他にはあるのか、薬を服用しても駄目な場合、どうすればいいのか。そもそもそれを考える前に、出血の続いている継続日数こそが問題でしょう。2カ月もの間、出血は止まっていない。むしろ止めることが出来ない医師側の責任のほうがあるように思えます。

まずはセカンドオピニオン、そして自身でも子宮のどこにどれくらいの大きさの筋腫があるのかを把握することに努めましょう。まずは医師と相談してください。止血剤などを処方して貰い、使用するのもいいと思いますよ。それでやっぱり納得がいかない、説明不足に感じる、改めて相談をしてみてそんな結果でしたら次の病院を探すべきでしょう。そして病院を探す基本ですが、総合病院、更には大学病院などの大きな病院を探す様にしてみてはいかがでしょうか?大きな病院ですと治療も手術も、安心出来ますよ。

10センチ超えの子宮筋腫!メスが怖いから温存出来ない?実は出来ます

子宮筋腫で大きさが4cmでした。これはまだ小さいので様子を見る形で定期的に受診してくださいと経過観察を言い渡されました。ですがこれが育ってくると10cm、さあ手術ですねと言われてしまい、すっかりと怯えてしまった。そりゃあそうですよね。まだ大丈夫、大丈夫なんて言っていたかと思ったら、急に手術なんて言われたようなものです。すっかりと怯えてしまっても仕方ありません。

サイズがサイズですので開腹手術になりますなんて言われた日には、メスが怖いので手術したくありません。なんて思わず返してしまうほど。どうにかして子宮筋腫を温存する方向で行きたいものです。何か方法はないのでしょうか?

子宮筋腫というものは、基本的に女性ホルモンの分泌により成長するものです。ということは女性ホルモンを活性化させないために、イソフラボンは食べないこと。ビタミンEを摂る量を減らす事、などなど。気をつけられることは沢山あるはずです。

キャベツや果物の中に含まれるボロンも良くありません。女性ホルモンを活性化させるこのボロン、体内に入ることで体内の女性ホルモンが活性化されてしまい、子宮筋腫にとっては毒になります。

ただし、これ以外にも女性ホルモンや女性ホルモンを活性化させるもの、これらはまだまだ沢山あります。それら食品を摂らないことで成長を押さえることが出来ますが、ある種断食にも似ていますから、可也厳しいとも言えるでしょう。

無理にこれを食べてはいけない、など制約をつけて食事をしているのは自分でも辛いはずです。手術でばっさりやってしまうか、それとも温存するために食生活で子宮筋腫を引き締める方向でいくか、ご自身で判断してくださいね。

関連項目
食事療法で子宮筋腫を小さく出来る?そこのところ詳しく教えて!

<1 2 3 4 5 6 7 >