子宮検診

健康診断で子宮検査も受けたところ、子宮筋腫が!超音波で確認!

健康診断を受けて分かる病気というものは存外多いものですね。といっても、最初は健康診断でここが怪しいように思われるので、後日病院へ行くように、などという病院へ行くよう促す様な通達のみではあるでしょうが。けれどそうした人から指摘を受けないと、中々病院へはいかないものですから、これは大変有難いものです。

肺炎がそこで発覚した人、心臓の方に疾患を抱えていることが分かった人など様々いますが、そこで女性疾患を疑われる女性というものも多いようです。中でも、子宮筋腫かもしれません。そう言われて婦人科へ行くよう言われる人はもっとも多いようですね。

健康診断から分かった女性疾患、流石に放っておけず婦人科へと受診に向かいますと、今度はここでも診察が待っているわけですが、問診や触診――腹部をこの場合触る行為ですが、そういったことをして、いよいよ子宮筋腫が疑わしいとなると、現在では超音波で子宮を直接見ることになります。MRIを設備として持っている婦人科では、MRIも併用して調べますが、超音波検査によって、子宮内に出来てしまった筋腫を発見するのです。

今まででは考えられなかったことですが、指先で腹部を触れて分かる筋腫というものは可也大きな筋腫になります。けれど小さな筋腫は指先で触れたくらいでは分かりません。ですがその小さな筋腫でさえも、超音波検査では発見することが出来るのです。これにより悪性か良性か、この判断にも用いることが出来る様になったのです。

ですから最近では滅多なことでは子宮筋腫に関しては誤診と言うものはないと言っていいでしょう。超音波検査、そして場所によってはMRI検査も使い小さな子宮筋腫まで、視覚化して見つけてくれるのですから。